トップページ | プレハブ »

2009年10月 1日 (木)

『Ruin Driver』 始めます

Dscf4788

catみなさま はじめまして
そして 『Ruin Drop』ご愛顧の皆々様『Ruin Driver』もよろしくお願いします。

「ルイドロ」を始めてもうすぐ3年。recycle
昨年頃から容量危機に直面して「どうしたものか。。。」と思案していましたが、ブログ分離という形でなんとか悩みのタネを脱することができました。

そもそも ねこんは、こうして3年近くもブログを続けているにも関わらず
Web全般、さっぱり分からずで、よくやってこられたものですね。
近頃、ようやくバナーリンクの付け方を理解できてきたくらいですから。
ここに「ルイドラ」を据えるまでは、他社のブログを模索していましたが、どうにも『ココログ』が染み付いてしまっているようで、元の鞘に戻りました。
過去記事の検索など若干の不親切さも拭えませんが、そのうちゆっくりゆっくりと良いものを見つけて修正してみたいと思います。

とりあえずテキストが『ルイドロ』の要ということで。。。
要といえば、ねこんは学生時代マンガを描いてたとき『要(かなめ)』というペンネームだったなぁ。。。Gペンとかスクリーントーンをやたら買い込んでガリガリ描いていたっけ。
向上心が希薄だから、たいしたモノにもならなかったけど。。。

思えば『ルイドロ』も巷でブーム化していた『廃墟系』の後発組の隅っこで始めました。
仲間であり、廃墟の師匠でもある『北海道廃墟椿』のカナブン氏が『ものの見方』を教えてくれたのだと思っています。
もっとも、師弟といってもねこんは、たいしたカメラも持っていないし、写真の腕の向上心も無いに等しいのが玉にキズ。

ものの真意や内なる姿は、表面では計り切れないものです。
もちろん、表面がものも言いますけどね。
何かを表現する手段としての『廃墟』であって『廃墟』でならなければならない理由は特にありません。

とりあえず部屋の中で真っ白な画用紙を広げ『さぁ!何を描こう』と気張って腕を組むよりも描くものを探しに行ったほうが早いのです。
そこで探し出したものは、五感を通して自分のちっぽけな経験と知識に何らかの呼応をして何かが心の中に芽生えた。。。そんな感じ。
『ルイドロ』の変化は、それなりにスタイルかなぁ。。。という変わり方をしていって、自分なりに理想的な形になってきているとは思います。

ここにおいての『廃墟』は終点ではなく、出発点です。
煤と錆にまみれた『夢の跡』が心になにか産み落としていったのなら、そこは既に廃墟ではありません。
確かに一見薄気味悪かったり、いわくありといった場所もあるにはありますが、
そういう場所で敢えて恋とか夢とかの話をしてみたいとか思うわけです。

そこはそれ、ねこんが単にひねくれているだけだから。。。
そういえばマンガかいてた頃のPNは『敢邪要』といいました。

|

トップページ | プレハブ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

「本を読むのが目的ではなく、目的のために本を読む」と誰かが言っていました。本とは手段の一つでしかないのです。

そうです廃墟は出発点なのです。
サイト運営のために廃墟に行くのではなく、廃墟で感動し、それにサイト運営や出会いがついてくるのです。

投稿: カナブン | 2009年10月 4日 (日) 07時51分

cat師匠様おはようございます
御丁寧な御言葉ありがとうございます。
呉越同舟で精進したいと思います。

投稿: ねこん | 2009年10月 4日 (日) 11時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トップページ | プレハブ »